2016年6月1日水曜日

イベントに関する行動・活動の指針

イベント前 - 内部コミュニティ

基本的に少数精鋭の路線で行く。
内容が内容なので理解を得られる人が少なく、布教活動もあまり効果をなさないと考えられるため。
必然的に人数は少なめになるので、メンバー同士(特に同地域)の親交を深めるのは重要である。


イベント前 - 外部への告知

理解してくれそうな人を選ぶこと。
内容についても専門用語は絶対に使わず、重要なことだけを簡潔に伝える。
例えば、「近い将来に金融機関が1~2週間の間停止するので、
それに備えた食料や必需品の備蓄が必要」と言った具合で。
個人個人の生活に大きく関わってくる部分が目安。


イベント前 - チンターマニストーンの埋設活動

※2016年分のチンターマニストーンの販売は終了。皆様のご協力にカンシャ
再開された模様です

この活動は、海野いるか氏が先導しているので、同氏の指示に従って行うこと。
手順としては、同氏のブログを読んで内容を十分に理解してから、
チンターマニストーンの購入希望のメールを送る。
恐らく振込先の口座を示されるので、代金を当該口座に振り込む。
無事に届いたら埋設場所と埋設日時をメールで海野いるか氏に伝える。
そして、埋設する際に、

・埋設地点で手に乗せるなどして至近距離で撮ったチンターマニストーンの写真
・掘った穴(10~20cmぐらい)の底にチンターマニストーンを置いた写真
・穴を埋め立てた後の写真
・周辺の様子が分かる写真

の四枚の写真を撮影する。画質は悪いがスマホカメラでも可。
(手ブレに注意。何枚か連続して撮って画質の良いものを選定すること)
そして撮影した写真を海野いるか氏に送る。
海野いるか氏はコブラと英語で直接やり取りを行っているので、
そのパイプを通じてコブラが埋設されたチンターマニストーンの活性化を行うとのこと。
ただ、この活動には注意点がある。

・必ずプロテクション瞑想または宣誓と祈祷を行うこと
・近距離(2km以内)に石が二つ以上あると問題が生じるので、
海野いるか氏に無断で埋設を行わないこと(タキオン水晶も同じ)

石を埋めようとしている人に対する、闇の勢力の攻撃が後を絶たないので、
前者の行動を取って身を守ることは必須である。
石が埋められていない地域ほど攻撃が激しいとの記述もあるので、
該当する地域にお住まいか、埋設予定地が該当する場合は要注意だ。
それだけ、闇の勢力が嫌がっていると言うことだ。


イベント前 - その他、非推奨あるいは現実性の低いもの

コブラレジスタンスWikiの開設
(サーバーを借りる必要あり、PHPなどの知識が必要、維持管理に資金と労力が要る。
atwikiなどのレンタル系のWikiは規約に触れて削除される恐れがある)

宗教法人設立
(諸刃の剣。目立つほどアルコンの妨害が激しくなるため。
また、認可されるのに2~3年ほどかかる。教義的にはグノーシス主義が最も近いか。)


イベント時 - 一般向けへの告知

TwitterなどのSNSで、起きていることについての告知を行う。
同じように、内容に専門用語を極力使わない。
これについては、別記事に告知用の文書を用意しているので、そちらを参照。
記事:今、何が起きているのか?(イベント時用)
Twitterなどがサーバダウンで使えない場合、その分の行動力は下記の自治体向けの告知に回す。


イベント時 - 自治体向けの告知

(インターネットが使えるなら)自治体HPのお問い合わせフォーム、またはメールアドレスに
告知用の文書(下に記載)をコピペして送付。
もしくは、予め用意しておいた印刷物やUSBスティックなどの記録媒体を役所に直接届ける。
記事:【イベント時用】自治体向け配布文書


イベント時 - 小売業向けの告知

こちらの外部記事を参照