2018年12月26日水曜日

拡散希望!光の帰還の活性化瞑想 日本時間2019年1月21日14時11分

再び行動する時が来ました。世界の運命を自分たちの手中に収める時です。地球解放の過程に時間がかかりすぎていることは、誰しもが認めるところです。この過程を集団的に早めるチャンスです。1月20日・21日の完全月食の機会を利用してポータルを設定し、私たちの意識を統合して地球周囲のエネルギーフィールドを啓蒙しましょう。

本件を拡散してください。世界中に広めてください。皆さんのウェブサイトやブログに掲載してください。スピリチュアル関連グループに参加を呼び掛けてください。代替メディアをご存知でしたら、そちらにも送ってください。皆さんの周囲で参加される地元のグループ用にフェイスブックのイベントを設定しましょう。このイベント用に中心となるフェイスブックのグループも一つ設定してください。動画を作成してYoutubeに掲載してください。

集団瞑想が人間社会にポジティブな効果を与えることは科学的に証明されています。つまり、この瞑想に参加される各人は、イベントを発生させて完全開示に到達する役割を現実的に担っているわけです。

この瞑想は、光の勢力が地上に光のエネルギーを定着させて、光の勢力と闇の勢力間の暗礁を解消し、遂に人類の解放を支援することにあります。この過程を加速化させるためには、この瞑想を実行する人数が、地上の人間が有するパワーの中で唯一かつ最大の影響要因です。

この瞑想の臨界数の144,000人を達成しましょう。これによって、世界中のエネルギーフィールドで大規模な癒しの連鎖反応を引き起こします。光の勢力は、今回の月食で完全に覆われるアメリカ大陸全体(北米と南米)に注力します。


この瞑想の占星術チャートによると、月と月の交点が強力なグランドスクエアを形成し、太陽と水星がオポジションとなり、本チャート上で天王星、エリス、パラス、複数の惑星が銀河中心やプレアデスやシリウスと数多くの強力なアスペクトになります(合計で約20個のアスペクト)。この強力な配置で、宇宙規模の大ブレークスルーによって解放されることになる緊張点が最高潮に達します。

その時点で宇宙のセントラルサンが、万物全てに対して巨大な光の鼓動を送ります。この鼓動は、万物から全ての闇の最終的除去開始の引き金を引いて、新たな宇宙のサイクルの準備の開始点となります。

光の勢力は、当日に特定の計画を持っています。この計画は、瞑想完了後に初めて開示されます。

この瞑想の目的は、地上にできるだけ多く光を定着させることです。

瞑想の日時は、月食が最大となる瞬間に行います。ニューヨーク(1月21日午前00時11分EST、東京(1月21日午後2時11分)、台北・北京(午後1時11分CST)、カイロ(午前7時11分EET)、パリ(午前6時11分CEST)、ロンドン(午前5時11分GMT)です。
米国中西部は1月20日(日)で、シカゴ(午後11時11分CST)、デンバー(午後10時11分PST)、ロサンジェルス(午後9時11分PST)です。
瞑想指示
1.自分なりのやり方で、リラックスした意識状態に持ってゆきます。

2.この瞑想を、地上に光をもたらすための手段として行うことを意思表示します。

3.宇宙のセントラルサンから、白く輝く光の柱が発せられて、宇宙の全ての銀河にあるセントラルサンに配給されることを視覚化します。次にこの光が、銀河のセントラルサンを通り、アルシオーネにあるプレアデスのスターゲートを通って、シリウスのスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、太陽系内の全ての光の存在を通って、惑星地球の全ての生命体と皆さんのカラダを通って、地球の中心に届くことを視覚化します。


4.この光が、宇宙に光だけが残るまで残存するすべての闇を変容させることを視覚化します。新たに大きな宇宙のサイクルが開始して、純粋な光と愛と幸福が宇宙全体の全ての生命体にもたらされることを視覚化します。

5. 手を頭上に上げて、時計回りに回転し始めます。

6.「イー」というマントラを唱えて自分のカラダ全体を振動させ、自分のカラダが輝く光の柱に変化し行き、その光の柱の中で数百万の虹色の星が散りばめられていることを視覚化します。

7.マントラを唱えて回り続けます。数分後に両手を下に降ろして、時計回りに回転を続けます。

8.その間、マントラの「エーアー」を唱えて自分のカラダを振動させ、自分のハートから虹色の光の渦が地球全体に広がって行く様子を視覚化します。

この虹色の渦は、皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリー、スピリチュアルガイド、アセンデッドマスター、プレアデス人、エンジェル、イルカその他の光の生命体の降臨への呼びかけとなります。皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリーが目覚めて、皆さんと一体となり、光のマンダラで一つ(One)の生命体となることを可視化します。

瞑想時間は20分間としてください。

女神は光を望みます。そして、光はもたらされます。

http://paradism.hatenablog.com/entry/2018/12/make-this-viral-return-of-light.html

2018年12月20日木曜日

新天体「ファーアウト(Farout)」はプラネットXか?

太陽系の新天体が発見されたとのニュースがありました。

太陽系内で最も遠いピンク色の天体「ファーアウト」が発見される(日本・すばる望遠鏡)
http://karapaia.com/archives/52268963.html

まだコブラはこの件に言及しておりませんので何とも言えませんが、私的にはファーアウト=プラネットXだと確信しております。

プラネットX
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2016/01/x.html

上記のコブラがプラネットXに言及した過去記事の情報とはかなり食い違いますが、プラネットXの軌道傾斜角は40度(コブラ記事の方)とかなり傾いていており、上のニュース記事ではファーアウトの軌道ははっきりと分かっていないと書かれています。

天体の大きさに関してもニュース記事は半径250km(原文では直径500km)、コブラ記事では半径7500kmと大きな開きがありますが、氷に覆われた天体と言う記述が双方に見られるので可能性は高いと思われます。

そして何より私がファーアウト=プラネットXと確信した理由は、ファーアウトと言う名前です。

私の過去記事「メモ:コブラと占星術」では書いていませんでしたが、軌道傾斜角が40度と大きく傾いていることから占星術的な象意として「既存の枠組みから外れる」と言う意味が付きそうだと予想してました。それとファーアウトと言う名前がシンクロしていたことには驚きました。

ソース元が一般メディアなので真偽は不明です(情報操作が入っている可能性が高い)が、どのみちイベントが起きるかデルタ選択肢が発動されればプラネットX関連情報も公開されて答え合わせになります。

※コブラがファーアウト=プラネットXではないと言及した場合、予告なく本記事を削除する場合があります。

2018年7月30日月曜日

拡散希望! 日食時の自由への鍵瞑想 2018年8月11日18時11分

MAKE THIS VIRAL! KEY TO FREEDOM MEDITATION AT THE ECLIPSE 2018-8-11
http://2012portal.blogspot.com/2018/07/make-this-viral-key-to-freedom.html


再び行動の時です。世界の運命を我々の手中に収めるときです。地球解放の過程に時間がかかりすぎていることは誰しも認めるところです。この過程を集団的に加速化させるチャンスが到来しました。8月11日の日食を利用して、ポータルを設定して、それによって我々の意識を統合し、惑星地球をめぐるエネルギーフィールドを啓蒙します。

本件を拡散してください。世界中にシェアしてください。皆さんのウェブやブログに掲載してください。スピリチュアル・グループに参加を呼び掛けてください。代替メディアでの掲載窓口をご存知であれば、そちらに送ってください。世界各地に地域ごとにこの瞑想のためのFacebookグループを設定していただくのも一案です。またFacebookでまとめサイトを一つ設定してください。動画を作成してYoutubeに掲載するのも結構です。

科学的な研究によると、集団瞑想の効果が人間社会にポジティブな影響をあたえることが確認されています。つまり、今回の瞑想に参加される皆さん一人ひとりが、イベントと完全開示の早期発生を実際に支援できるのです。

(続きはPFCJAPANオフィシャルで)

2018年7月7日土曜日

ガンマタイムラインの私的考察

ガンマタイムラインの記事は曖昧な点が多く、拡大解釈に歯止めが効かなくなる恐れがあるので、ストッパーになれればいいなと思い私の私的な解釈を投稿します。

>この新規のガンマタイムラインは、トップレット爆弾が起動されないようにしつつ、できるだけ早期に光の勢力による直接の物理的介入を行って地上のライトワーカーとライトウォリアの生命を救出するものです。
>原文:The new gamma timeline calls for direct physical intervention of the Light Forces in the lives of surface Lightworkers and Lightwarriors, as soon as possible without triggering the toplet bombs.
日本語訳では生命を救出と記述されていますが、原語版にはレスキューと言った単語は見当たりません。また、liveと言う単語は生命の他に生活や住んでいる場所を意味する場合もあります。なので、適切な訳は「地上で生活しているライトワーカーとライトウォリアにできるだけ早く光の勢力による直接の物理的介入を行う」ではないのかと思います(私はあまり英語はわかりませんが...)。

>イベント前にライトワーカーの一部は、接触の受け皿の手順に従ってプレアデス人との物理的な接触があり得ます。それ以外に少数のライトワーカーですが、参加手順に従ってレジスタンスムーブメントに受け入れられる者もあり得ます。初期グループの参加後にしばらくして、別の一群のレジスタンスへの受け入れがあり得ます。こちらは自分のペットを連れてゆくこともできます。この第二群は、レジスタンスの社会に統合されるのではなくて、地下の一定の場所に特別の入植地が用意されます。
別の一群(第二群)に関してはライトワーカーと言う表現がされていません。恐らくライトワーカーではないスターシードや一部の一般人も含まれるのではないかと解釈します。台湾に25億人を収容可能な地下都市が建設されたとの記述が別記事でありましたし、一般人を受け入れることを想定している可能性が高いです(ライトワーカーとスターシードだけを受け入れるならそこまで必要ない)。
ただその場合、その地下都市の環境が一般人を受け入れる上での懸念材料になる恐れがあります。レジスタンスに統合される第一群の方は地上のインターネットに接続できないのが確定していますが、第二群の方はどうでしょうか?もし接続できない場合、それを聞いた一般人の大多数はNOの答えを返すでしょう。ここら辺に関してはコブラの言及がないので、何とも言えない所でありますが...

>ある時点でレジスタンスは、地上にいる一定のライトワーカーと物理的な接触をして支援を提供することがあり得ます。
ここで言う支援とは、先端ヒーリング技術の提供が中心になると思われます。また、地上で何かをする役割を持ったライトワーカーを保護するために、許可を取った上で当人の住居にレジスタンスメンバーが「駐留」する、と言うことも想定します(ただ、慣れない地上に長期滞在することになるレジスタンスメンバーの負荷はかなり大きくなりそうです)。

>物理的介入があるまでの地上の社会は、閉鎖系のエントロピーは常に増大するとの熱力学の第2法則に基づいて完全に崩壊してゆきます。
これが最大の問題記述です。エントロピー=初期異常っぽいのは大体分かりますが、崩壊とは一体なんなんだ。穏やかじゃないですねぇ...
最近は大阪で地震があったり、西日本でとんでもない大雨が降ったり、進路は分かりませんが大きな台風が発生していたりしますが、災害系はマジで勘弁してほしいものです。ライトワーカーだけの問題じゃなくなりますし。

>この地上社会の崩壊は、多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています。奇妙な病気の発生や、体機能の崩壊、(指向性エネルギー兵器に関連する)心臓麻痺、異常な臨死体験などが多発します。
これは「指向性エネルギー兵器に関連する」と言う記述があるので、これからライトワーカーへの攻撃が激化するのかもしれません。アイシスアスタラの件から緊張度が大きく上がったので、いつでも攻撃の危険性があると思われます。

>物理的介入がなければ、地上の崩壊は後戻りできない状態となることを光の勢力には理解いただきたい。リスクを取って、自由意志を発揮して、物理的介入してください。本件についての地上の住民の意志は明確です。
コブラが光の勢力に嘆願していますね。この光の勢力が銀河連合のみなのか、銀河連合+レジスタンスなのかは判断しかねますが、相当にマズい状況のようです。

「私は光の勢力に対して、地球の現状に公正なる裁きを下し、癒しを提供することを求めます。私は、プレアデス人、アークトゥルス人、シリウス人、エンジェル、アガルタ人に求めます。もうたくさんです。我々人類は物理的介入を求めます。そうあらしめたまえ。そうなります!」 
これは、掲載された画像の文章の訳です。自分の自由意志を込めて声に出し唱えましょう。これなら瞑想技術がなくても出来ますよ。

拡散希望!署名してください!「今こそ地球の解放を!」
ついでにこちらも。英語の署名サイトで光の勢力への嘆願が行われています。ファーストネームに名前を、ラストネームに名字を書いてください。ポストコードはそのまま郵便番号を。英語圏の住所表記は(例として皇居の住所を書いています)、「1-1, Chiyoda, Chiyoda-ku, Tokyo」のようになります。町村に住んでいる場合は、「(番地), (地区名), Nantoka-Machi, Nantoka-gun, (都道府県名)」みたいにしてください。
闇の勢力に住所をスパイされるとの声もありそうですが、同時に光の勢力もそれを見ているので実住所を書いても大丈夫です。